カバード・コールとは?【米国株オプションをやさしく解説】

米国株オプション
米国株オプション

こんにちは、そーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

  • オプション取引の戦略でもっとも基本的なカバード・コール戦略を紹介します。
  • サクソバンク証券で米国株を使った取引の実例も紹介します。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • カバード・コールってナニ?という人
  • インデックス投資とオプション取引の融合に関心がある人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

標準的なインデックス投資を実践している人は以下の資源を保有していることでしょう。

  • 投資期間
  • リスク資産(特に北米株)
  • 無リスク資産(預貯金など)

これらを大事に抱きかかえて耐え忍ぶのがバイ・アンド・ホールド作戦といったところでしょうか。

今回はこうしたインデックス投資の資源を有効活用できる米国株オプション取引戦略を紹介します。

オプション取引のなかでも以下の2つはリスクが限定された初心者向けの戦略と位置づけられています。

  • キャッシュ・セキュアード・プット
  • カバード・コール
【米国株オプション】キャッシュ・セキュアード・プットとは?
オプション取引戦略でもっとも基本的なキャッシュ・セキュアード・プット戦略を紹介します。 サクソバンク証券で米国株を使った取引の実例も紹介します。 キャッシュ...

今回はカバード・コールを紹介します。

インデックス投資に米国株オプション取引を融合することで運用利回りの向上が期待できるでしょう。

 

オプション取引の4つの基本形

オプション取引はコールとプット、買いと売りで以下の4つの組み合わせがあります。

  • コール買い
  • コール売り
  • プット買い
  • プット売り

4つの基本形については以下の記事で解説しています。

【オプション取引とは】コールとプット、ロングとショートの基本紹介
オプション取引は最初の考え方が初心者にはややわかりにくいですが、インデックス投資のバイ・アンド・ホールドと相性のよい投資手法です。 オプション取引の基本形であるコールとプット、ロングとショートの考え方を紹介しま...

オプション戦略の使い分けについては以下もどうぞ。

主要なオプション取引戦略を一覧でわかりやすくまとめてみた【入門】
代表的なオプション取引戦略をマトリクスにしてわかりやすくまとめたので紹介します。 オプション取引戦略の使い分けに関心がある方 この記事の目的 代表的なオプション取...

 

オプションの売りについて

オプション取引で初心者向けと言われるキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールは4つの基本形でいうと以下のとおりです。

  • キャッシュ・セキュアード・プット=プット売り
  • カバード・コール=コール売り

キャッシュ・セキュアード・プットもカバード・コールもオプションの売りになります。

オプションの売りを簡単に説明すると以下のとおりです。

  • オプション売りの目的はプレミアム(保険料のこと)を得ること
  • 保険料をもらう代わりに株式の売却・買取を約束してあげること

一般的にオプション売りは以下のような説明がされます。

「利益は限定、損失は無限で危険」

こんなこと言われたらビビりますよね。

 

リスクは自分で限定できる

しかしキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールでは損失を限定した上でのオプション売りで、損失は無限ではありません。

以下のような特徴があります。

  • リスクは通常の株式保有と同じ
  • 仕組みがシンプル
  • 手間が掛からない
  • 大きくは儲からないかも

つまりリスク管理さえしっかりしていればオプション売りで得たプレミアムによって、ただインデックス投資するよりも運用利回りの向上が期待できるよね、ということです。

以降ではカバード・コールの詳細を説明します。

 

カバード・コールとは?

まずコール売りから、次にカバード・コールを説明します。

コール売りの考え方

今から株を売りたいとして、以下の2パターンの方法を比較します。

  1. 通常の株取引の場合、指値注文が
    1. 約定しない → 注文が取り消されて終了
    2. 約定した → 株を売却して代金を受け取る
  2. コール売りの場合、権利が
    1. 行使されない → クレジットを受け取って終了
    2. 行使された → クレジットを受け取り、株を売却して代金を受け取る

つまり以下のように解釈することができます。

コール売り ≒ 指値売り注文(利益確定売り)+クレジット

コール売りは普通に株を売るよりも、オプションのプレミアム(クレジット)が受け取れる分だけ得することになります。

 

カバード・コールってどういう意味?

ではカバード・コールとは何でしょうか?

Covered Call Writing:保護されたコール売り、の意味

coverを保護と訳しましたが、実際に保護しているのは現物株によってです。

コール売りで権利行使された場合の義務は株の引き渡しですから、現物株を保有することが保護になります。

カバード・コールは正確にはカバード・コール・ライティングといい、Writingは売りを表します。

通常の株取引とコール売りでは以下のような目的の違いがあります。

  • 通常の株取引:株の売却が目的(株は保有済み)
  • コール売りの場合:プレミアムの獲得が目的(株を準備しなくても可)

通常の株取引は株を売ることが目的なので売るための株を保有しているのが前提です。

一方でコール売りはプレミアムが目的なので、株を保有していなくてもコールを売りさえすればプレミアムが最初に入手できます。

コール売りで株を引き渡さなければならないのは株価が権利行使価格に到達して権利行使された場合です。

つまりコール売りはプレミアムを先に受け取り、株と代金は後渡しです。

しかもオプション取引ではレバレッジを駆使すれば大きなプレミアムを獲得することができます。

その結果、

権利行使されると株の引き渡しができない状態に陥る可能性があり得える

だから、

あらかじめ引き渡すための株を用意してからコールを売ろう

ということです。

わざわざカバード・コールという名前がついているのはこのためです。

 

【参考】ネイキッド・コールとは?

現物株が準備されていない単純なコール売りのことをネイキッド・コール(naked call)といいます。

一般的に「オプションの売り取引は損失が無限で危険」と説明されるのはネイキッド・コールのようなリスクヘッジがない取引のことを言っています。

コールは株価の上方向への保険提供ですから損失は無限です。

コール売りはカバード・コールしましょう。

 

スポンサーリンク

米国株オプションによるカバード・コールの取引例

権利が消滅するケース

青丸でコール売り、ピンク丸で満期、オレンジ線が権利行使価格、紫線が買い入れ価格です。

PFE(ファイザー)を100株、期間は2週間でプレミアム0.25USDのオプションでした。

青丸時点で株価が36.4USD近辺で、2週間以内に権利行使価格38ドル(オレンジ線)まで上がらない方に賭けたゲームです。

カバード・コールですのでPFE100株をあらかじめ用意してからコールを売っています。

PFE100株は以下の記事のキャッシュ・セキュアード・プットで「権利行使で株式が割当されたケース」で買い取った株です。
【米国株オプション】キャッシュ・セキュアード・プットとは?
オプション取引戦略でもっとも基本的なキャッシュ・セキュアード・プット戦略を紹介します。 サクソバンク証券で米国株を使った取引の実例も紹介します。 キャッシュ...

今回の取引では以下の結果が想定されました。

  1. 満期日に株価が38USD以下:プレミアム25USDをもらって取引終了
  2. 満期日に株価が38USD以上:プレミアム25USDをもらい、38USDでPFE100株を売却して取引終了

今回は満期日の株価が36USD付近でしたので、前者Aで権利消滅して取引を終了しています。

執行済取引画面の見方は以下のとおりです。

  • 1〜2行目:8/31〜9/11のプット売り(キャッシュ・セキュアード・プット)
  • 3行目:プット売りで権利行使に合いPFE100株を36.5USDで買い取り
  • 4〜5行目:9/14〜9/25のコール売り(カバード・コール)

今回のコール売りでは満期日に株価38USD以上なら38USDでPFE100株を売却する義務を負います。

その約束代がプレミアムの25USDですので、結果に関係なくコールを売った時点でプレミアムが得られます。

 

【補足1】カバード・コールは差益も狙える

今回のPFE100株は36.5USD(紫線)で買い取ったものですので、権利行使価格38USD(オレンジ線)で売却することによる株式の差益も狙った取引でした。

今回の取引では株価は権利行使価格38USDに達しなかったためオプションの権利だけが消滅し、PFE100株は残ったままですのでカバード・コールを繰り返してプレミアムを稼ぐことができます。

もし保有株式を積極的に処分したければ、権利行使価格36.5USDや37USDのオプションを売れば差益はゼロか0.5USDにまで下がりますが、その分プレミアムが多く獲得できます。

 

【補足2】カバード・コールは配当も狙える

カバード・コールではプレミアムを稼ぎつつ差益を狙いながら配当も取れます。

PFEは11月6日が次回の権利落ち日なので、これを見越して権利行使されにくいオプションを選んでいます。

今回は36.4USDに対して権利行使価格38USDのオプションなので、2週間で4.4%OTMという保守的なオプションを売っています。

配当と差益は普通に株を買っても同じですが、コールを売ればプレミアムが取れるのが魅力です。

キャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールを組み合わせた使い方については以下の記事もどうぞ。

キャッシュ・セキュアード・プット+カバード・コールの流れを紹介
初心者向けのオプション取引戦略であるキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールはセットで使うことができるので一連の流れを紹介します。 初心者向けのオプション取引戦略の流れが知...

カバード・コールの手数料については以下をどうぞ。

カバード・コールの外国株式部分の手数料を解説【サクソバンク証券】
サクソバンク証券の外国株オプション取引でカバード・コールした場合の外国株式部分の手数料について、米国ETFを使った実際の取引例をもとに解説します。 サクソバンク証券でカバード・コール...

 

権利行使で株式を差し出したケース

こちらは取引が成立し次第アップする予定です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はオプション取引のカバード・コール戦略を紹介しました。

一見とっつきにくいオプション取引ですが、カバード・コールはシンプルで初心者向きです。

「インデックス投資超ヒマすぎ問題」でお困りの方は検討してみてはいかがでしょうか。

実践のまとめもどうぞ。

【2020年7~9月】サクソバンク証券で外国株オプション実践報告
2020年7月にサクソバンク証券で外国株オプション口座を開設し、9月までの約3か月間、米国株でオプション取引を実践したので紹介します。 米国株オプション取引に関心がある人 ...

 

【参考】米国株オプションを勉強したい人におすすめ、KAPPAさんの本

東大卒医師が実践する 株式より有利な科学的トレード法 | KAPPA | ビジネス・経済 | 本 | Amazon
AmazonでKAPPAの東大卒医師が実践する 株式より有利な科学的トレード法。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
超・株式投資 (Modern Alchemists Series No. 122) | KAPPA |本 | 通販 | Amazon
AmazonでKAPPAの超・株式投資 (Modern Alchemists Series No. 122)。アマゾンならポイント還元本が多数。KAPPA作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また超・株式投資 (Modern Alchemists Series No. 122)もアマゾン配送商品なら通常配送無料...
\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
そーたろーの「王国DIYガイド」