インデックス投資16年目に突入、心の余裕がハンパない件

インデックス投資
インデックス投資
記事内に広告が含まれています。

こんにちは。『お金に困らない生活(インデックス投資ブログ)』管理人のそーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

2023年7月でインデックス投資16年目になったので、これまでの振り返りなどを紹介します。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • インデックス投資の経験談に関心がある人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

インデックス投資を始めて16年目になりました。

この手の記事は毎年書いていますが、今年は開始から丸15年経過ということで一つのマイルストーンを通過したかな、という感はあります。

今回はこれまで資産運用してきて感じたことなどを中心に紹介したいと思います。

 

インデックス投資16年目に突入

私がインデックス投資を始めたのは2008年7月ですので、2023年7月で丸15年経過して16年目に突入しました。

といってもだから何だという感じで、インデックス投資の場合は決めたことをやるだけなので、これからも何かを変えるようなことは特に考えていません。

このあたりがインデックス投資のメリット(何もしなくていい)だし、デメリット(退屈)でもありますよね。

でも得てして投資なんてそんなものだと思うし、何もしなくていいから続けてこれたと思っています。

パッシブ運用の対局であるアクティブ運用を自分でやるのは楽しいかもしれませんが、成果を出して生き残るのは素人には100%無理ゲーだと思っています。

といった感じで今後も細々とインデックス運用を継続していきます。

 

以前と変わった点

過去15年を振り返ってみて「そう言えば変わったよなー」と思うことをいくつか紹介します。

  • 投資環境の改善
  • 金融資産が増えた
  • 心の余裕ができた

 

投資環境の改善

  • 信託報酬が下がった
  • 海外ETFが特定口座に対応した
  • バンガードETFの取り扱いが始まった
  • NISA制度が始まった

古株の人はわかると思いますが、インデックス投資環境は昔に比べてとてもよくなりましたよね。

2008年だと外国株式ファンドの信託報酬0.99%/年とか普通で、海外ETFへのリレー投資という技でなんとかコストを下げようとしていた時代でした。

主要ネット証券で海外ETFの特定口座対応が始まったのが2014年頃なので、私は今でも一般口座で買った海外ETFを保有してます。

NISAは2014年に始まって、2024年から新制度に仕切り直しが決まっていますね。

ホント、時代が変わったという感じがします。

 

金融資産が増えた

これはインデックス投資で増えたという要因もありますが、働いて得たお金の積み上げによる要因もあります。

きちんと働いて収入を確保し、無駄な支出を抑え、投資資金を捻出して市場平均を取る、といった基本戦略の賜物といった感じでしょうか。

【3分講座】資産運用の初心者でもコツコツ増やす3つの行動とは?
資産運用の基本として「無理せずにお金を働かせる」堅実な考え方を紹介します。 支出を減らす、収入を増やす、お金を働かせる、をベースとした初心者でも今すぐできる方法です。 これから資産運用を始める人 資産運用って何からやればいいかわからない人 ...

なお現在の保有金融資産に占めるインデックス投資の含み益は25%、節約の効果が30〜40%なので、投資せず何も考えずに使っていたら今の半分もなかったかもしれないことを考えると恐ろしいですな。

 

心の余裕ができた

  • 金融資産が増えたから
  • 運用利回りが高いから

資産運用が上手く行きだして変わったのは「心の余裕ができたこと」に尽きると思います。

これは金融資産が増えたことももちろんですが、私の場合は運用利回りが高いという理由も大きいと思っています。

15年で+100%(2倍)を超えているので、これは見方を変えると半値になっても元本割れしないという状態です。

リーマン・ショックは1回/100年程度の発生確率で最大下落率が約55%だったので、今後同じくらいのクラッシュに巻き込まれても元本割れするかどうかといった感じで、気持ち的にすごくラクです。

また高い利回りの要因はリーマン・ショック後の回復相場を丸々取れたからで、たまたま始めたタイミングが良かったためです。

利回り5%/年のつみたて投資で2倍を見込むには25年も掛かるので、私の場合はリーマン・ショック様々ですね。

ものすごいお金持ちになったわけではありませんが、インデックス投資を始めたきっかけが将来のお金の不安だったので、とりあえずお金の心配をしなくてよくなったというのは自分にとってはデカいかなと。

FIREもいいけど3000万円作って働き続ける生活も割とおすすめ
実際にFIREするのは難しくても、がんばって3,000万円くらいの金融資産を作って仕事を続けると精神的にラクなのでおすすめだよ的なお話を紹介します。 FIREってどうなのよ、って思っている人 経済的、精神的にラクになりたい人 この記事の目的...

 

おまけ

インデックス投資と直接関係はありませんが、インデックス投資から派生したいくつかの変化もあります。

  • 大家さんを始めた
  • 株式オプションを始めた
  • 確定申告が必要になった
  • 税務署へ行くようになった

大家さんは父が亡くなって実家を相続したので賃貸に出すことにしましたが、インデックス投資という資産運用を始めていなければ絶対にやってなかったですね。

実家を相続したのでサラリーマン大家を始めてみたよ【副業で賃貸業】
千葉県の実家を相続したので賃貸で貸し出してサラリーマン大家を始めることにしました。いよいよ本格的な副業デビューです。 実家の相続で始めるサラリーマン大家に関心がある人 この記事の目的 実家を相続したので賃貸で貸し出して大家を始めました。 な...

株式オプションは仕組みを理解することで金融の勉強になるし、インデックス投資とケンカしないという点で利用価値のある投資ツールだと思います。

【外国株オプション】サクソバンク証券で口座開設~取引してみたよ!
サクソバンク証券で外国株オプション取引用口座を開設しました。 キャッシュ・セキュアード・プット(現金確保プット売り)をしました。 外国株オプション取引に関心がある人 サクソバンク証券の口座開設を検討している人 この記事の目的 私はインデック...

インデックス投資でも米国ETFを保有していて外国税額控除を受けるために確定申告をしている人はいると思いますが、それ以外にも不動産所得、雑所得の申告が必要になりました。

給与所得以外の所得を申告するとなると課税処理に関して様々な障害が立ちはだかるので、自分で調べたり税務署へ出向いたりすることにまったく抵抗がなくなりましたね。

といった感じで、お金に関する知識・リテラシーの部分でいろいろレベルアップした感があります。

こういうのはインデックス投資だけやっていたら絶対に身につかないものなので、経験値としてとても貴重だと思っています。

 

以前と変わっていない点

一方であまり変わってない点もあるので紹介しておきます。

  • 投資方針
  • 投資目的
  • 投資手法
  • 我流のアレンジ
  • 質素な生活

 

投資方針

これは株式に投資するという点で「株式投資はプラスサム」という動機づけの部分です。

私は「株価は長期では右肩上がり」という売り言葉には懐疑的なものの、今のところ「株式投資はプラスサム」という信仰は保てているので、今後も株式インデックスに粛々とお金を投下していきます。

 

投資目的

私の投資目的は経済的に困窮しないためで、これも開始当初から変わっていません。

億り人、FIRE、資産の最大化、、、このあたりは私の念頭になく、とにかくお金に困らなければOKという考え方です。

人は人、自分は自分なので、他人と競争する必要もなければドヤる必要もありませんね。

 

投資手法

こちらも基本部分はパッシブ運用のバイ・アンド・ホールドで変わっていません。

インデックス投資を選択した理由は、投資がヘタクソなのだから黙って大人しくしている方が賢明、というただそれだけです。

投資で得たキャピタルで消費を楽しもうといった発想はないし、インカムを再投資することへの迷いも一切なく、このあたりはパッシブ運用に対する適正が備わっているように感じます。

【3分講座】インデックス投資の魅力とコツを紹介【おすすめ投資法】
インデックス投資は手間なし、低コスト、分散投資、少額投資といった万人向けのおすすめ手法です。 10年以上インデックス投資を続けてきた経験から、継続のコツも紹介します。 これからインデックス投資を始めたい人 インデックス投資とは? インデック...

 

我流のアレンジ

私は以下のような自己流アレンジで運用しています。

  • 有利な時に逆張りしてたくさん買いたい
  • 資産クラスの分散は二の次
  • リバランスもほぼしない

教科書的な運用は採用せず、自分のやりたいようにしています。

逆張りについては私が投資を始めた15年前から数えて、リーマン・ショック、円史上最高値、コロナ・ショックの3回があり、いずれも追加投資で仕込んでいます。

インデックス投資の逆張りは個人投資家の特権だよね【知らないと損】
個人投資家には時間的な制約がないため、相場の状況変化に合わせて保有資産を売る必要がありません。このことがインデックス投資で逆張りする個人投資家の特権になるという考え方について紹介します。 インデックス投資と逆張りの効果に関心がある人 この記...

私は株式ファンドしか持ってないし、リバランスもロクにしたことないですが、精神的に厳しいとかなにか問題があるわけでもなく、至って平穏無事な運用だと思っています。

【債券不要論】インデックス投資で株式のみのポートフォリオはアリ?
2020年現在、私はインデックス投資のポートフォリオに債券クラスは不要としており、株式ファンドのみで運用してきた個人的な例を紹介します。 インデックス投資で債券クラスは不要かも、と考える人 この記事の目的 私は資産形成のためインデックス投資...

 

質素な生活

これも以前と変わらずです。

以前よりもお金の余裕はできましたが生活レベルはほとんど変わっていません。

別に我慢しているわけではなく、もともと質素倹約型の生活スタイルだったことが理由だと思います。

「家は漏らぬほど、食は飢えぬほどにて足ることなり」とは千利休の言葉で、ホントそう思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

インデックス投資16年目のこれまでの振り返りを紹介しました。

あまり有益な話ではなかったかもしれませんが、長期投資を志す方の参考になれば幸いです。

今後もマイペースで運用期間を伸ばせていけたらと思います。

 

★インデックス投資をしながら米国ETFを使ってお小遣い稼ぎができる!

サクソバンク証券でHYGのカバード・コール、低リスクな大人の副業
サクソバンク証券の外国株式オプションで、米国ETFのHYGを使ったカバード・コール&CSPW(キャッシュ・セキュアード・プット)による副業を紹介します。 低リスクな投資系の副業に関心がある人 この記事の目的 サクソバンク証券の米国株式オプシ...

★既存のインデックス投資にオルタナティブ投資をアドオンできる次世代ロボアド!

SUSTENはヘッジファンド戦略が利用できる斬新なロボアド
ヘッジファンド的な運用と成果報酬型の費用体系が採用された、今までにない新しいタイプのロボアド・サービスSUSTENを紹介します。 分散投資でポートフォリオのリスクを下げたい人 オルタナティブ投資を取り入れたい人 ロボアドのコストに関心がある...

★ヘッジやレバレッジでインデックス投資の弱点が補完できる!

楽天証券がCFD取引の提供開始、インデックス投資に活用できるの?
楽天証券が2020年12月28日よりCFD取引サービスの申し込み受け付けを開始するので紹介します。 CFDをインデックス投資で活用するアイデアも紹介します。 CFD取引に関心がある人 インデックス投資でヘッジやレバレッジ取引に関心がある人 ...
そーたろー

記事はお役に立てましたか?もし気に入っていただけたらランキングのチェックとフォローをお願いします!

\ランキングをチェックする/
にほんブログ村
人気ブログランキング
\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
お金に困らない生活(インデックス投資ブログ)