サクソバンク証券の外国株式オプション口座の配当と外国税額控除

米国株オプション
米国株オプション

こんにちは。『お金に困らない生活(インデックス投資ブログ)』管理人のそーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

2022年時点のサクソバンク証券の外国株式オプション口座で発生する配当の外国税額控除について紹介します。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • サクソバンク証券の外国株式オプション口座で受け取る配当の確定申告に関心がある人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

サクソバンク証券の外国株式オプション口座で受け取る配当の外国税額控除について紹介します。

なお私は税金に関する質問にはお答えできませんので、ご不明点は税務署または専門家へお願いいたします。

 

サクソバンク証券の外国株式オプション口座の確定申告

サクソバンク証券の外国株式オプション口座を使った取引で発生する所得をまとめると以下のとおりです。

  • 配当:配当所得
    • 日米で源泉課税され、米国課税分が外国税額控除の対象となる
  • 株式の損益:譲渡所得
    • カバード・コールによる差益など
  • オプション・プレミアム:雑所得
    • サクソバンク証券の外国株式オプションのプレミアムは申告分離課税

配当に対する税金は日米で源泉徴収されるので確定申告は任意ですが、株式の譲渡益、オプション・プレミアムについては申告が必要です。

サクソバンク証券からは以下の記事でも紹介した確定申告の手引き(個人投資家向け)という案内が出されており、この中で外国税額控除に関しても説明があります。

外国株式オプションの譲渡所得についてサクソバンク証券から公式情報
サクソバンク証券から外国株式オプション口座の確定申告の情報がリリースされ、譲渡所得の計算方法が案内されているので紹介します。 サクソバンク証券の外国株式オプション口座の確定申告に関心...

サクソバンク証券のオプション取引の税金については以下の記事もどうぞ。

サクソバンク証券の外国株式オプションが申告分離課税である理由
サクソバンク証券の外国株式オプションが申告分離課税であることの確認が取れたので紹介します。 サクソバンク証券で外国株式オプション取引をする人 この記事の目的 サク...
サクソバンク証券の外国株配当の税金、国内源泉徴収なし問題が解決
サクソバンク証券の外国株式オプション取引口座では配当に係る国内税金が源泉徴収されないという問題がありましたが、2020年末で解消することになったので紹介します。 サクソバンク証券で外...

 

配当所得の外国税額控除について

米国株・ETFの配当・分配金では日米で二重課税の不公平が存在していることは以前から知られていると思います。

二重課税で余計に取られた米国10%の部分について確定申告で調整してもらって取り返すのが外国税額控除です。

私の個人的な感覚では、米国株投資家やインデックス投資の人はあまり外国税額控除を申請していないのではないかと想像しています。

サラリーマンの税処理は年末調整で済みますし、国内株の配当控除は複雑だし、外国株の外国税額控除で二重課税が全部取り返せるわけではないので、配当所得の節税のためにわざわざ確定申告する人ってあまりいないと思うからです。

これらついては以下の記事で個人的な調査をしていますのでよろしければどうぞ。

米国ETFでインデックス投資、確定申告で外国税額控除するべき?
インデックス投資で米国ETFを使う場合、確定申告で外国税額控除するべきかという問題はなかなかビミョーだと思うので私なりの考え方を紹介します。 米国ETFにおける分配金の二重課税部分を...
外国税額控除の年収別早見表(米国ETFの分配金二重課税対策)
二重課税で納め過ぎた米国株・ETFの配当・分配金が外国税額控除でどのくらい回収できるのかがわかる年収別の早見表を作ったので紹介します。 外国税額控除でいくらくらい取り返せそうか知りた...

 

外国株式オプション口座の外国税額控除

さてサクソバンク証券の外国株式オプション口座で受け取った配当金は外国税額控除の対象となりますが、2022年時点では以下の注意点があります。

  • 年間取引報告書には配当金の記載がない
  • 株式配当金のレポートで記載があるのは米国源泉課税分10%の明細のみ
  • 国内源泉課税分20.315%の明細については口座の現金残高推移の記録からデータを取得し、所得税、住民税の合計金額は自分で集計する必要がある

外国税額控除の申請で提出を求められるのは「外国所得税を課税されたことを証明する書類」なので株式配当金のレポート(米国源泉課税分10%)があれば足ります。

しかし外国税額控除を申請するためには配当所得を申告する必要があるのですが、そこで必要になる国内課税の合計額については自分で集計する必要があります。

外国株式オプション口座は一般口座扱いなのでこれが普通なのか、もしくはそうではないのか、本来どうあるべきなのかはわかりません。

私の場合はインデックス投資の片手間の暇つぶしなので、取引の規模、件数ともに少ないため多少不便ではあるものの特に大きな問題ではありません。

私は令和2年分、令和3年分ともにサクソバンク証券の外国株式オプション口座で受け取った配当金は少額だったため外国税額控除については申請せず無視しました。

数も少なかったので自分で計算しても大した手間ではありませんでしたが、なんとなく面倒だったからという理由です。

インデックス投資のメインで使っている楽天証券分については一般口座で保有する米国ETFの分配金についても年間取引報告書に金額が載っているので、こちらについては配当所得、及び外国税額控除を申請しています。

今後サクソバンク証券による対応が始まるかはわかりませんが、さぼっていたオプション売りの副業を最近また再開したので、令和4年分は状況の如何によらずしっかり申請しようと思っています。

サクソバンク証券でHYGのカバード・コール、低リスクな大人の副業
サクソバンク証券の外国株式オプションで、米国ETFのHYGを使ったカバード・コール&CSPW(キャッシュ・セキュアード・プット)による副業を紹介します。 低リスクな投資系の副業に関心...

 

スポンサーリンク

まとめ

サクソバンク証券の外国株式オプション口座で受け取る配当の確定申告について紹介しました。

  • 年間取引報告書には配当金の記載がない
  • 株式配当金のレポートで記載があるのは米国源泉課税分10%の明細のみ
  • 国内源泉課税分20.315%の明細については口座の現金残高推移の記録からデータを取得し、所得税、住民税の合計金額は自分で集計する必要がある

私個人的には「ちょと不便かな」という程度のことなので、米国株式オプションはインデックス投資のお供でお小遣い稼ぎするのにちょうどいいと思っています。

 

公式 サクソバンク証券

サクソバンク証券

そーたろー

記事はお役に立てましたか?もし気に入っていただけたらランキングのチェックとフォローをお願いします!

\ランキングをチェックする/
にほんブログ村
人気ブログランキング
\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
お金に困らない生活(インデックス投資ブログ)