インデックス投資でも無リスク資産がないと詰むよ【株価暴落対策】

株価暴落・逆張り
株価暴落・逆張り

こんにちは、そーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

インデックス投資においても十分な無リスク資産を確保することがポートフォリオを株価暴落から守ることにつながります。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • これからインデックス投資を始める人
  • インデックス投資のリスク管理に関心がある人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

私はインデックス投資を実践するにあたってやや厚めに無リスク資産を確保しています。

投資することに夢中になってリスクを取り過ぎると途中退場の可能性が高まります。

特に長期のインデックス投資では利益確定をしませんから常に資金は投じたままになります。

これは株価が暴落しても最後まで耐えきらなくてはならないことを意味していて、耐えられるかどうかはリスク資産の割合、逆に言えば無リスク資産の割合が鍵になります。

増やすことばかりでなく想像力を働かせて守備も固めましょう。

今回はインデックス投資における無リスク資産の大切さを紹介します。

 

インデックス投資とリスク

インデックス投資は日本でも徐々に広まりつつあります。

ネット証券の普及、インデックスファンドの低コスト化、ETFの手数料無料化など投資環境がどんどん整備されています。

また金融庁のつみたてNISA、厚生労働省の確定拠出年金制度などが始まり、長期の資産形成に取り組む人が増えています。

 

長期投資もリスクは低くない

インデックス投資は長期投資に分類されます。

長期がどのくらいかは投資家によりけりですが、私は30〜40年くらいで考えています。

個人の考え方にもよりますが、インデックス投資は株式市場の拡大に乗っかる投資方法なので「長期的に見て株価は現在が常に底値」という考え方であれば、資金は常に最大限投入するのがもっとも投資効率がよいと言えます。

常にフルインベストメント(全力投資)しておいて、いざとなったら有価証券を現金化すればよい、という考え方です。

こうした考えは、特にアーリー・リタイアを目指す人に向いていると思いますが、私個人は賛同しません。

なぜなら無リスク資産の割合が低すぎると株価暴落局面で逃げたくなる、という心理が働きやすいからです。

プロスペクト理論で考える株価暴落とインデックス投資継続のコツ
インデックス投資においてもリスクを取りすぎると株価暴落局面で保有ファンドを売りたくなってしまうものですが、こうした心理をプロスペクト理論から解説します。 インデックスファンドを売りた...

私はインデックス投資による長期投資もリスクは低くないと考えています。

長期投資は以下のような有利な部分があります。

  • 複利効果
  • 手数料が少なくて済む
  • 利益確定しないので課税の繰延効果がある

でも特別にリスクが低い投資手法というわけではありません。

以下のような展開では投資元本を割る可能性が十分にあります。

  • 株価が長期で下げ続ける相場
  • 金融危機、株価暴落

つまり長期投資であっても投資資金以外のお金をしっかり用意しておく必要があるというのが私の考えです。

全財産勝負で長期停滞、全財産勝負で金融危機でブッ飛ぶ、という展開は十分にあり得ます。

 

スポンサーリンク

インデックス投資と無リスク資産

一般的に以下のようなことが言われています。

  • 年齢が若い人はリスクを取る方がよい
  • リタイアが見えているような年代の人は保守的な運用がよい

失敗した後の立て直しやすさを考えれば当たり前の考え方ですね。

現実問題として株価は暴落するものですし、誰でも生活がありますからある程度の余剰資金を確保しておくのが良識のある人の考え方ではないでしょうか。

生活に困らない程度の無リスク資産(現金)を確保して「投資は余裕資金でやりましょう」というのは至極当然の考え方です。

インデックス投資も特にリスクが低いわけではありませんので、十分な無リスク資産を用意すべきです。

 

生活防衛資金という考え方

そこで生活防衛資金という以下のような考え方があります。

月の生活費×1~2年分くらいを常に無リスク資産として確保しよう

最悪リスク資産が全部なくなっても当面の生活は確保できる、といったラインは守った方が精神衛生上よいでしょう。

まだ投資資金が十分でないという人は、焦る気持ちを抑えて働いてお金を稼いで、しっかり倹約することが資産運用の始まりのような気がします。

【3分講座】資産運用の初心者でもコツコツ増やす3つの行動とは?
資産運用の基本として「無理せずにお金を働かせる」堅実な考え方を紹介します。 支出を減らす、収入を増やす、お金を働かせる、をベースとした初心者でも今すぐできる方法です。 ...

またインデックス投資のメリットは少額からでも始められることです。

生活防衛資金が十分に貯まるまではゆっくり始めて徐々に投資額を増やすのがよいでしょう。

毎月1万円のつみたてインデックス投資で儲かるの?【知らずに大損】
毎月1万円のつみたてを年利回り5%の株式インデックスで40年間続けた場合、1,526万円が想定できます。 若い人・女性・収入が上がりにくい人でも続けられるつみたて投資8つのコツを紹介します。 ...

特に若い人は時間がたっぷりありますから焦る必要はありません。

 

無リスク資産の安全な保管

長い投資期間では資産の保全も大切です。

以下の記事では待機資金を始めとする無リスク資産の安全な保管場所を紹介しています。

【資産運用&お金の保管場所】銀行口座にお金を置くのは安全なの?
使わないお金の安全な保管場所としては個人向け国債か、待機資金の場合は銀行口座よりも証券口座の方が優れているのではないか、という考え方を紹介します。 お金の安全な保管場所に関心...

 

スポンサーリンク

【参考】無リスク資産と株価暴落時の逆張り

以下は私の個人的な運用保方針です。

  • 株価が下がったら逆張りで買いたい
  • ポートフォリオに債券は含めない

私は株価が下がったら逆張りで買いたいので、追加購入のためのお金を準備する必要があります。

つみたてだけじゃないインデックス投資の逆張り手法【体験談】
私がインデックス投資でつみたて以外に逆張りも取り入れている理由を体験談を交えて紹介します。 インデックス投資で逆張りしたい人 この記事の目的 以下の記事で、株価の...

そしてポートフォリオに債券を含めず株式ファンドのみとし、リスク(変動率)は値動きに任せますので無リスク資産の割合を高めに保ちます。

【債券不要論】インデックス投資で株式のみのポートフォリオはアリ?
2020年現在、私はインデックス投資のポートフォリオに債券クラスは不要としており、株式ファンドのみで運用してきた個人的な例を紹介します。 インデックス投資で債券クラスは不要かも、と考...

この運用は以下のような特徴があります。

株価が下がったら買いたいので株価暴落局面でもうろたえなくて済む
無リスク資産の割合が高い保守的な運用のため投資効率は落ちる

あまり大儲けはできないかもしれませんが、心の平穏が保てる効果は大きいと思っています。

無リスク資産確保のお役に立てば幸いです。

 

スポンサーリンク

まとめ

インデックス投資においても無リスク資産の確保が大切であるという考え方を紹介しました。

長期投資といえどもリスクは低くないですし将来のことはわかりません。

生活に支障がでないよう計画的な資産運用を進めたいですね。

\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
そーたろーの「王国DIYガイド」