マネックス証券が買付時手数料キャッシュバックの米国ETFを拡充

ETF
ETF

こんにちは。『お金に困らない生活(インデックス投資ブログ)』管理人のそーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

マネックス証券が買付時手数料の全額キャッシュバックの対象となる米国ETFを入れ替えて、13銘柄に拡充するので紹介します。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • 米国ETFに関心のある人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

マネックス証券の米国ETF買付時手数料キャッシュバックプログラムを紹介します。

以前から実施していた買付時手数料キャッシュバックのマイナーチェンジということで、今回は対象の米国ETFが9銘柄から13銘柄に拡充されます。

米国ETFの買付手数料優遇プログラムは、SBI証券、楽天証券との競争になっていますので、そのあたりの比較も紹介します。

 

マネックス証券が「米国ETF買い放題プログラム」を開始

以下はマネックス証券からのお知らせです。

2020年1月から実施している米国ETFの買付時手数料を全額キャッシュバックする、米国ETF買付応援プログラム(USAプログラム)を2022年9月1日(木)(現地約定分)(予定)より「米国株ETF買い放題プログラム」と名称変更し、対象の米国株ETFの入替を行います。対象銘柄はQQQやSPYDなど人気銘柄を含めた13銘柄と、従来より進化した内容となっています。

買付手数料(税抜)を全額キャッシュバック ※上限なし

QQQ・SPYDなど対象13銘柄【米国ETF買い放題プログラム】スタート | マネックス証券

今回の変更をまとめると以下のとおりです。

区分シン
ボル
直近
純資産総額
(ドル)
経費率銘柄名
継続
VTI269B0.03%バンガード トータルストックマーケット ETF
VOO271B0.03%バンガード S&P 500 ETF
VT23B0.08%バンガード トータル ワールド ストック ETF
新規
VWO70B0.08%
バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
QQQ174B0.20%インベスコ QQQ トラスト シリーズ 1 ETF
SPYD9B0.07%SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF
HDV12B0.08%iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
QYLD7B0.60%グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF
LIT4B0.75%グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF
BUG1B0.50%グローバルX サイバーセキュリティ ETF
DRIV975M0.68%グローバルX 自動運転&EV ETF
PFFD2B0.23%グローバルX 米国優先証券 ETF
XYLD1B0.60%グローバルX・S&P500・カバード・コール・ETF
廃止
IVV306B0.03%iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
SPY373B0.09%SPDR S&P 500 ETF トラスト
EPI697M0.84%ウィズダムツリー インド株収益ファンド
DHS1B0.38%ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド
DLN3B0.28%ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド
DGRW6B0.28%ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド

またマネックス証券では銘柄要望の追加を「シンボル+(プラス)」という名称を付けて受け付けるそうです。

対象銘柄は半年に一度程度見直しを行います。マネックス証券の外国株取引口座をお持ちの方には、銘柄選定の度にメールでお知らせいたします。ぜひ、当プログラムに追加してほしい銘柄のご要望も「シンボル+(プラス)」よりお待ちしております。

 

主要ネット証券の優遇状況を比較

主要ネット証券における米国ETF優遇プログラムの対象銘柄は以下のとおりです。

シン
ボル
直近
純資産総額
(ドル)
経費率
証券会社
銘柄名
SBI
証券
楽天
証券
マネックス
証券
VT23B0.08%バンガード トータル ワールド ストック ETF
VTI269B0.03%バンガード トータルストックマーケット ETF
VOO271B0.03%バンガード S&P 500 ETF
EPI697M0.84%ウィズダムツリー インド株収益ファンド
QQQ174B0.20%インベスコ QQQ トラスト シリーズ 1 ETF
SPYD9B0.07%SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF
AGG83B0.04%i シェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF
VGT46B0.10%バンガード 米国情報技術セクター ETF
GLDM5B0.18%SPDR ゴールド ミニシェアーズ トラスト
IYR4B0.41%i シェアーズ 米国不動産 ETF
SPY373B0.09%SPDR S&P 500 ETF トラスト
RWR1B0.25%SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF
AIQ145M0.68%グローバルX AIビッグデータ ETF
FINX646M0.68%グローバルX フィンテックETF
GNOM225M0.50%グローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF
VWO70B0.08%
バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
HDV12B0.08%iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
QYLD7B0.60%グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF
LIT4B0.75%グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF
BUG1B0.50%グローバルX サイバーセキュリティ ETF
DRIV975M0.68%グローバルX 自動運転&EV ETF
PFFD2B0.23%グローバルX 米国優先証券 ETF
XYLD1B0.60%グローバルX・S&P500・カバード・コール・ETF

関連サービスについては以下のとおりです。

サービスSBI証券楽天証券マネックス証券
買付手数料の優遇方式無料無料キャッシュバック
米ドル買付手数料ありありなし
分配金の自動再投資不可不可

赤いセルは優位な点です。

 

そーたろーの感想

対象銘柄、関連サービスで差異があるので一概にどこが優れているとは言えない状況になっています。

銘柄の点でマネックス証券が優れているのはVWOが優遇の対象になっている点でしょうか。

ただしETFだけで分散投資を完成させようとすると米国を除く先進国ETFのVEAあたりが欲しくなるので、ここで手数料を稼ごうといった意図があるのかな、とか考えました。

逆にマイナスだと感じたのはQYLD、XYLDのカバード・コール型米国ETFが含まれている点です。

これらは事情を知らない「情弱様ホイホイ」的な香りがするので、個人的にはやめておいた方が無難だと考えています。

カバードコールETFのQYLDは二重課税で損なのでおすすめしない
日本居住者がQYLDなどの高分配なカバード・コールETFを買うと二重課税の影響が大きくて損なので、米国株オプションを使ってカバード・コールする方が好ましいのではないかという考え方を紹介します。 ...

元々マネックス証券は米国株に強いネット証券というカラーが売りでしたが、今となってはSBI証券、楽天証券も追いついているので、今回のような米国ETF関連の優遇サービスでも差が出にくくなっていると思います。

もしマネックス証券に「米国株は譲れない!」というプライドがあるなら、QYLD、XYLDなんかのオモチャでお茶を濁していないで、主要ネット証券一番乗りで米国株式オプションの取り扱いを開始して欲しいところです。

マネックス証券からの米国株オプション提供を勝手に期待【ネタ】
マネックス証券から米国株オプションを提供してもらえないかなー、という期待を込めたネタ記事です。 マネックス証券に米国株オプションを期待している人 この記事の目的 ...

関連サービスについてはマネックス証券は独自色を打ち出しているので好みが分かれそうです。

普通に考えればキャッシュバックのデメリット(雑所得扱い)より米ドル買付手数料無料と分配金の自動再投資サービスのメリットの方が上回るように感じました。

 

スポンサーリンク

まとめ

マネックス証券の米国ETF買付時手数料キャッシュバックプログラムを紹介しました。

  • 買付手数料キャッシュバックの対象を入れ替えて、9銘柄から13銘柄に拡充
  • VWOが優遇の対象となるのはマネックス証券のみ
  • 優遇がキャッシュバック方式なのはやや見劣りする
  • QYLD、XYLDには注意が必要

米国ETFは長期投資に向いているので優遇サービスは上手に活用したいですね。

 

★投資デビューはスマホ証券がおすすめ!

新成人の投資デビューはLINE証券で投資信託を買うのがおすすめ
LINE証券の「Z世代に関する投資意識調査の結果」を基に、新成人の投資デビューに投資信託をおすすめする理由などを紹介します。 これから新成人になる人 これから投資デビューする人...

★自動運用を始めるなら次世代ロボアドのSUSTENがおすすめ!

SUSTENはヘッジファンド戦略が利用できる斬新なロボアド
ヘッジファンド的な運用と成果報酬型の費用体系が採用された、今までにない新しいタイプのロボアド・サービスSUSTENを紹介します。 分散投資でポートフォリオのリスクを下げたい人 ...

★知ってた?インデックス投資×株式オプションで時代を先取り!

インデックス投資と米国株オプションの相性がよい10の理由【注目】
インデックス投資と米国株オプションの相性がよい理由を紹介します。キャッシュ・セキュアード・プット、カバード・コールはインデックス投資と並行してやるメリットがあります。 インデックス投...

★これからインデックス投資を始める方は参考にどうぞ!

インデックス投資におすすめのネット・スマホ証券、ロボアド
そーたろー インデックス投資ができるネット・スマホ証券、ロボアドを紹介します。 証券口座数の調査 インデックス投資ならネット証券 手軽さならスマホ証券 全...
そーたろー

記事はお役に立てましたか?もし気に入っていただけたらランキングのチェックとフォローをお願いします!

\ランキングをチェックする/
にほんブログ村
人気ブログランキング
\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
お金に困らない生活(インデックス投資ブログ)