インデックス投資と米国株オプションの相性がよい10の理由【注目】

米国株オプション
米国株オプション

こんにちは、そーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

インデックス投資と米国株オプションの相性がよい理由を紹介します。キャッシュ・セキュアード・プット、カバード・コールはインデックス投資と並行してやるメリットがあります。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • インデックス投資をやっている人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

インデックス投資と米国株オプションの相性がよい理由を紹介します。

インデックス投資をやっている人は生活防衛資金を用意したり、ポートフォリオに国内債券を混ぜてリスクに備えていることでしょう。

そのお金、もっと別な使い道があるかもしれませんよ。

 

インデックス投資と米国株オプションの相性がよい10の理由

今回は以下の3系統10個の理由を紹介します。

  • 資源の流用編
    • 複利運用と時間価値の空売りの並列実行
    • 無リスク資産(待機資金)を活用できる
  • 親和性編
    • シンプルで手間が掛からない
    • 経済・マーケットが理解できている
    • 米国株・ETFを保有することに抵抗が少ない
    • 含み損の塩漬けに耐性がある
    • 中リスク・中リターン的な価値観
  • メリット編
    • コア・サテライト戦略がとれる
    • リタイア後にキャッシュが手に入る
    • 暇つぶし

なおオプション取引にはたくさんの戦略が存在しますが、ここでいう米国株オプションとは以下の取引戦略を指しています。

  • キャッシュ・セキュアード・プット
  • カバード・コール

オプション取引やこれらの取引戦略については以下をどうぞ。

【オプション取引とは】コールとプット、ロングとショートの基本紹介
オプション取引は最初の考え方が初心者にはややわかりにくいですが、インデックス投資のバイ・アンド・ホールドと相性のよい投資手法です。 オプション取引の基本形であるコールとプット、ロングとショートの考え方を紹介しま...
【米国株オプション】キャッシュ・セキュアード・プットとは?
オプション取引戦略でもっとも基本的なキャッシュ・セキュアード・プット戦略を紹介します。 サクソバンク証券で米国株を使った取引の実例も紹介します。 キャッシュ...
カバード・コールとは?【米国株オプションをやさしく解説】
オプション取引の戦略でもっとも基本的なカバード・コール戦略を紹介します。 サクソバンク証券で米国株を使った取引の実例も紹介します。 カバード・コールってナニ...
キャッシュ・セキュアード・プット+カバード・コールの流れを紹介
初心者向けのオプション取引戦略であるキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールはセットで使うことができるので一連の流れを紹介します。 初心者向けのオプション取引戦略の流れが知...

 

資源の流用編

複利運用と時間価値の空売りの並列実行

インデックス投資は複利運用という時間を有効に使って増やす手法です。

複利運用では増えた利子の部分を元本に足すことで、時間が経過するに連れて雪だるま式に資産を増やすことが期待できます。

一方でプット売り・コール売りは時間価値の空売りです。

オプションの持つ時間価値は満期に向けて漸減し最終的にゼロになるため、オプションの売り手は時間価値を売りに出すことでプレミアムを獲得していると理解できます。

我々が持つ時間は単一のタスクでしか使えないわけではありません。

つまりインデックス投資では時間を使って資産を増やしつつ、同時にオプション取引では時間価値を売ってキャッシュを得る、という並列処理が可能です。

手際のよい人が複数のタスクを同時に進めるのと同じで、インデックス投資とオプション取引の並列実行は効率がよいです。

 

無リスク資産(待機資金)を活用できる

インデックス投資に限らず、一般に投資する際は生活に支障が出ない程度の余裕資金を確保するのが普通かと思います。

インデックス投資でも無リスク資産がないと詰むよ【株価暴落対策】
インデックス投資においても十分な無リスク資産を確保することがポートフォリオを株価暴落から守ることにつながります。 これからインデックス投資を始める人 インデックス投資のリスク管...

なかにはあり金全部つっこむような投資スタイルの人もいるかもしれませんが、ある程度余裕資金を確保できている人であればオプション取引は検討の価値があるかもしれません。

無リスク資産を担保に時間を空売りしてお金に換えられるのがキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールです。

インデックス投資のリスク管理のために現金を持っていても金利は付かないし、国内債券はビミョーに感じる人が多いはずです。

【債券不要論】インデックス投資で株式のみのポートフォリオはアリ?
2020年現在、私はインデックス投資のポートフォリオに債券クラスは不要としており、株式ファンドのみで運用してきた個人的な例を紹介します。 インデックス投資で債券クラスは不要かも、と考...

口座で遊んでるお金を使ってキャッシュフローが生み出せるのがオプション取引です。

 

親和性編

シンプルで手間が掛からない

インデックス投資も米国株オプションもどちらもあまり手間が掛かりません。

インデックス投資はほぼメンテナンスフリーと言ってよいでしょうし、米国株オプションもキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールに限れば基本的に手間いらずです。

米国株オプションはインデックス投資のバイ・アンド・ホールドと好相性です。

 

経済・マーケットが理解できている

インデックス投資はシンプルで手間が掛からないことがウリですが、数十年に渡る運用期間を乗り切るには知るべきことを知っておく必要がある、というのが私の考えです。

インデックス投資も実は初心者には難しい手法かも【失敗しないコツ】
インデックス投資はシンプルで一見簡単そうに見えて、実は初心者には難しい投資手法かもしれません。その理由や失敗しないためのコツを紹介します。 これからインデックス投資を始める人 ...

インデックス投資はチョー簡単ですが、わかってない人は続けられません。

こうした基本的な知識はそのまま米国株オプションに流用することができます。

オプション取引はマーケットの需給を元に成り立っています。

自分が売り手なのか買い手なのか、その根拠はなにか、といった視点はオプションを考える際に役に立ちます。

 

米国株・ETFを保有することに抵抗が少ない

多くのインデックス投資をやっている人は、ポートフォリオに占める北米株の割合が高い場合が多いのではないでしょうか。

キャッシュ・セキュアード・プットもカバード・コールもどちらもリスクヘッジがきちんと手当された戦略で、米国株式を保有する以上のリスクは負いません。

担保だけ用意して株を引き受けたり手放したり、時には塩漬けして配当を受け取りながら、時間価値をお金に変えることができます。

カバード・コールに至っては差益も狙えるので長期投資家向けのスキャルピングと言えるかもしれません。

オプションの売りで一時的に米国株・ETFを引き受けることになったとしても、インデックス投資の考え方と矛盾しないはずです。

 

含み損の塩漬けに耐性がある

インデックス投資は運用期間が数十年という長期投資です。

この間、短くない期間で含み損で過ごさなければならない覚悟ができているのではないでしょうか。

この点で、トレーディングで収益を上げる人たちと真逆の考え方になります。

短期の人たちは含み損は悪、早い損切りが善です。

しかしインデックス投資の場合、そもそも損切りしないで放置するか、場合によっては買い増して平均買い単価を下げることは最初から作戦のうちです。

オプション売りで米国ETFを引き受けて含み損だったとしても、インデックス投資の人は比較的長期間耐えられるのではないでしょうか。

オプション売りではインデックス投資の塩漬け力が活きます。

 

中リスク・中リターン的な価値観

インデックス投資は手間を掛けずに平均点を狙える美味しいとこ取りの手法です。

個別株やアクティブファンドのように指数をアウトパフォームすることを目指すわけではありません。

一方でオプション取引、特にキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールではレバレッジは1倍、リスクは現物株の値下がりリスクのみで、リスクを限定する代わりにリターンも限定する戦略です。

オプション取引は戦略のバリエーションが無数にあり、ハイリスク・ハイリターンな取引戦略や複雑な手順が必要な戦略もたくさんあります。

しかしキャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コールに関してはすごく儲かるわけではありませんが、そこそこ簡単にキャッシュが手に入るという点でインデックス投資に通ずるところがあります。

 

メリット編

コア・サテライト戦略がとれる

コア(長期)はインデックス投資、サテライト(短期)は米国株オプションという位置づけで収益化に寄与します。

コア・サテライト戦略では、その言葉が示す通り、ポートフォリオを「コア(核)」と「サテライト(衛星)」の2つに分けて捉えます。長期的な視点に立った投資をコアとし、より特化した短期的な投資をサテライトとして、その双方を保持することを意味します。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン

通常キャッシュ・セキュアード・プットやカバード・コールでは2週間~3か月くらいの期限のオプションを売ってプレミアムを獲得します。

米国株オプションはサテライトの位置づけで機能するでしょう。

 

リタイア後にキャッシュが手に入れられる

最近は老後資金の準備としてインデックス投資に取り組んでいる人も増えてきたのではないでしょうか。

老後資金準備は年利回り5%の『自分年金作り』がおすすめ【実践中】
私は2008年から老後資金の準備としてインデックス投資による『自分年金作り』を続けています。 つみたてNISA・iDeCoで年利回り5%程度を想定するのがリスク管理上、安心できるレベルの運用としておすすめです。...

しかしインデックス投資を老後資金の観点から見ると、リタイア後はポートフォリオを取り崩さないとキャッシュが手に入らないという欠点があります。

リタイア生活でベストなのはキャッシュを生み出してくれる資産ポートフォリオを持つことです。

一方でオプション売りでは、現金または米国株を担保にして保険を販売することでキャッシュを生み出すことができます。

相場ですから株価の上下の問題はあるにせよ比較的安全に現金収入が得られ、人によってはポートフォリオを取り崩さずに済むかもしれません。

 

暇つぶし

インデックス投資は何もやることがありません。

【インデックス投資超ヒマすぎ問題】余暇をエンジョイするコツ8選
インデックス投資は暇だと思いながら10年以上続けている私なりの解決策としてETF、個別株、FXなどをおすすめします。 インデックス投資との上手な付き合い方についても説明します。 ...

つみたては自動、リバランスは5年に一度、暴落相場で追加投資は10年に一度です。

インデックス投資のリバランス頻度は5年に1度で十分説【超ズボラ】
私は2008年からインデックス投資を続けています。株式ファンドのみで運用していて、5年に1度くらいしかポートフォリオのリバランスをしない運用を紹介します。 インデックス投資のリバラン...
インデックス投資の逆張りは個人投資家の特権だよね【知らないと損】
個人投資家には時間的な制約がないため、相場の状況変化に合わせて保有資産を売る必要がありません。このことがインデックス投資で逆張りする個人投資家の特権になるという考え方について紹介します。 ...

そもそもインデックス投資に娯楽性を求めるのはなかなか無理がありますので、オプション取引は暇つぶしにちょうどいいのではないでしょうか。

とか言っておきながら、キャッシュ・セキュアード・プットもカバード・コールも、それ自体はほとんど何もやることがないのはご愛嬌です。

 

【おまけ】デメリットもあるけどね

  • オプション取引が難解
  • 国内証券会社の取り扱いはサクソバンク証券のみ
  • コストの把握もやや難解
  • 資金力が必要
  • 利益は確定申告が必要

などなど欠点もあるため、オプション取引は「知ってる人、使いこなせる人だけが利益にありつける道具」って感じがします。

株、FX、CFDなどの金融商品は相場予想ゲームなので単純で人気があります。

一方でオプションは「権利のやり取り」というわかりにくさから馴染みがないでしょう。

米国では個人投資家の60%がオプションを使うとも言われていますが、日本はこれまで環境すらありませんでしたからね。

ようやくインデックス投資をやる人が増えてきた感じがしますが、オプションも普及して欲しいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はインデックス投資と米国株オプションの相性がよいと考えられる理由を紹介しました。

  • 資源の流用編
    • 複利運用と時間価値の空売りの並列実行
    • 無リスク資産(待機資金)を活用できる
  • 親和性編
    • シンプルで手間が掛からない
    • 経済・マーケットが理解できている
    • 米国株・ETFを保有することに抵抗が少ない
    • 含み損の塩漬けに耐性がある
    • 中リスク・中リターン的な価値観
  • 得られるメリット編
    • コア・サテライト戦略がとれる
    • リタイア後にキャッシュが手に入る
    • 暇つぶし

インデックス投資をやっている方で、新しいもの好きの方に米国株オプションはおすすめです。

 

【参考】米国株オプションを勉強したい人におすすめ、KAPPAさんの本

東大卒医師が実践する 株式より有利な科学的トレード法 | KAPPA | ビジネス・経済 | 本 | Amazon
AmazonでKAPPAの東大卒医師が実践する 株式より有利な科学的トレード法。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
超・株式投資 (Modern Alchemists Series No. 122) | KAPPA |本 | 通販 | Amazon
AmazonでKAPPAの超・株式投資 (Modern Alchemists Series No. 122)。アマゾンならポイント還元本が多数。KAPPA作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また超・株式投資 (Modern Alchemists Series No. 122)もアマゾン配送商品なら通常配送無料...
\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
そーたろーの「王国DIYガイド」