【米国ETF】グローバルXのLIT、VPN、CTEC新規取扱開始

ETF
ETF

こんにちは、そーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

グローバル Xの米国ETF3銘柄(LIT、VPN、CTEC)がSBI証券で新規取り扱い開始になったので紹介します。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • グローバル XのETFに関心がある人
  • テーマETFに関心がある人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

SBI証券で新規取り扱いが開始されたグローバル XのテーマETF3銘柄を紹介します。

リチウムバッテリー、データセンターREIT、クリーンテック分野へ投資するETFです。

 

グローバル Xの米国ETF3銘柄がSBI証券で新規取り扱い開始

表が見切れている場合は右へスクロールできます。
シン
ボル
タイプカテゴリー経費率純資産
総額
銘柄名
LITテーマ資本財0.75%1,387グローバルX リチウム&バッテリーテックETF
VPNテーマテクノロジー0.50%3グローバルX データセンターリート &デジタルインフラ ETF
CTECテーマクリーンエネルギー0.50%30グローバルX クリーンテック ETF
  • 純資産総額:百万米ドル

今回の3銘柄は2020年12月4日よりSBI証券からのみ新規取り扱いが開始されています。

【銘柄追加】Global X米国ETF3銘柄の新規取扱開始のお知らせ(12/4~)

2020年12月11日より楽天証券でも取り扱いが始まりました。

【海外ETF】デジタルインフラや再生エネルギー関連株等に投資できるETF8銘柄を新規取扱開始!

2020年12月上旬の時点でマネックス証券の取り扱い銘柄検索ではヒットしませんでした。

 

グローバル Xとは?

グローバル Xは米国のETF運用会社で、主にスマートベータやテーマETFを手掛けています。

以下は主要ネット証券によるグローバル Xの紹介記事です。

ETF運用会社 Global X | SBI証券

Global X のテーマ型ETFで世界の潮流に投資! | 楽天証券

テーマ型ETFをはじめ、ETFの可能性を探るグローバルX | マネックス証券

よろしければ以下の記事もどうぞ。

グローバル X社のEDOCが新規取り扱い開始【海外ETF】
グローバル X社のデジタルヘルス・遠隔治療関連企業に投資する海外ETF、EDOCが主要ネット証券で新規取り扱い開始になったので紹介します。 ヘルスケアのテーマETFに関心がある人 ...

 

グローバル XのETF LIT、VPN、CTEC

グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF(LIT)

LITはリチウムバッテリー製造サイクル全体へ投資するETFです。

リチウムバッテリーには以下のような特徴があります。

  • 充電時間が短い
  • 耐用年数が長い
  • エネルギー密度が高いのでバッテリーを軽く、小さくできる

電子デバイスやEV車にリチウムバッテリーは不可欠ですので注目度の高い産業ですね。

LITの業種内訳は以下のとおりです。

  • 素材:42.71%
  • 一般消費財:22.18%
  • 資本財:20.32%
  • IT:14.78%

各セクターについては以下の記事もどうぞ。

米国素材セクターETFで先進的インデックス投資【全8本】
主要ネット証券で買うことができる米国の素材セクターETFとしてXLB、VAWなど8本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。 ...
米国一般消費財セクターETFで先進的インデックス投資【全5本】
主要ネット証券で買うことができる米国の一般消費財セクターETFとしてXLY、VCRなど5本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。...
米国資本財セクターETFで先進的インデックス投資【全7本】
主要ネット証券で買うことができる米国の資本財セクターETFとしてXLI、VISなど7本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。 ...
米国テクノロジーセクターETFで先進的インデックス投資【全9本】
主要ネット証券で買うことができる米国テクノロジーセクターETFとしてVGT、XLKなど9本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。...

投資先地域としては中国が47%でした。

グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF | グローバルX

 

グローバルX データセンターリート&デジタルインフラ ETF(VPN)

VPNはデジタルインフラへ投資するETFです。

成長力のある5Gや次世代通信ネットワークのデジタルインフラ分野への投資と、REITによる高いインカムを目指すETFです。

業種内訳は以下のとおりです。

  • 不動産:66.09%
  • IT:26.95%
  • 通信サービス:6.96%

不動産、通信サービスセクターについては以下の記事もどうぞ。

米国不動産セクターETFで先進的インデックス投資【全6本】
主要ネット証券で買うことができる米国の不動産セクターETFとしてMBB、XLREなど6本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。 ...
米国電気通信セクターETFで先進的インデックス投資【全4本】
主要ネット証券で買うことができる米国の電気通信セクターETFとしてXLC、VOXなど4本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。 ...

投資先地域としては米国が76%でした。

VPNは上場日が2020/10/27と新しいETFですので、純資産総額もまだ小さいです。

グローバルX データセンターリート&デジタルインフラ ETF | グローバルX

 

グローバルX クリーンテック ETF(CTEC)

CTECは環境技術へ投資するETFです。

CTECは以下の分野に関与する企業へ投資します。

  • 再生可能エネルギーの生産
  • エネルギー貯蔵
  • スマートグリッドの実装
  • 住宅・商業エネルギー効率
  • 環境汚染を低減する製品・ソリューションの生産と提供

業種内訳は以下のとおりです。

  • IT:50.21%
  • 資本財:41.87%
  • 素材:7.91%

クリーンテックという分野だと石油・ガス関連のエネルギーセクターが入っていないんですね。

一応エネルギーセクターの記事も紹介しておきます。

米国エネルギーセクターETFで先進的インデックス投資【全8本】
主要ネット証券で買うことができる米国エネルギーセクターETFとしてXLE、VDEなど8本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。 ...

投資先地域としては米国が24%で、その他は先進国、新興国へばらけています。

CTECもVPNと同じく上場日が2020/10/27と新しいETFです。

グローバルX クリーンテック ETF | グローバルX

 

スポンサーリンク

【参考】テーマETFってどうなの?

私は2020年現在、テーマETFを保有していません。

しかし私はどちらかというとインデックス投資を我流でアレンジして楽しむ方なので、テーマETFのようなエッジの利いた投資商品にも好意的です。

現に中国やインドといった新興国ETFを追加で買い入れていますし、

中国株ETF22本を比較して香港02801を買ってみた【逆張り】
日本で買える中国株ETF22本を比較し、香港市場に上場している02801を買ったので紹介します。 中国株ETFに関心がある人 この記事の目的 中国株へ投資できるE...
インド株ETFはインデックス投資の拡張におすすめ【全6本比較】
インデックス投資をさらに拡張するおすすめツールとして、主要ネット証券で買うことができるインド株ETF6本を比較してみました。 インド株に投資したい人 インデックス投資で退屈して...

2021年からはNISA口座でセクターETFも買おうと計画しています。

VIG、VYM、VDC、VHTでリタイアに備えるよ【米国ETF】
米国ETFのVIG、VYM、VDC、VHTを買い入れて、リタイアに備えたポートフォリオを準備するので紹介します。 ディフェンシブな米国ETFに関心がある人 FIRE・リタイアが...

テーマETFはこれらの延長線上にあり、個人の好みで追加投資して楽しむのに適していると思います。

特にグローバルXはテーマETFに特化したブランドで日本法人もあります。

米国ETFということで一段敷居が高いかもしれませんが、投資信託だけでインデックス投資に退屈している人が楽しみで小さく買うのによいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はグローバルXのテーマETF3銘柄を紹介しました。

  • グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF(LIT)
  • グローバルX データセンターリート&デジタルインフラ ETF(VPN)
  • グローバルX クリーンテック ETF(CTEC)

長期投資には向かないかもしれませんが、インデックス投資の遊びの部分で活用してみるのもよいかもしれませんね。

\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
そーたろーの「王国DIYガイド」