FIRE・リタイアにおすすめの高配当な米国債券ETF【出口戦略】

ETF
ETF

こんにちは、そーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

高配当な米国債券おすすめETFを紹介します。FIRE・リタイア後に利息を受け取るような使い方を想定しました。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • 米国ETFに関心がある人
  • 高配当な米国債券ETFに関心がある人

 

スポンサーリンク

この記事の目的

FIRE・リタイアにおすすめの高配当な米国債券ETFを紹介します。

楽天証券の海外ETF取り扱い銘柄検索で調べると、米国市場の債券では55本が該当しました。

今回はその中から高配当で純資産総額が大きい13本をピックアップしました。

 

高配当な米国債券ETFの特色

データ比較

※表が見切れている場合は右へスクロールできます。
分類シン
ボル
分配
利回り
期待
リターン
(10年)
騰落率
(5年)
標準
偏差
(10年)
純資産
総額
経費率名称
米国債
AGG2.46%3.29%21.87%2.95%80,8020.05%iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF
BND2.38%3.01%22.33%3.09%62,5490.04%バンガード・米国トータル債券市場ETF
BIV2.40%3.09%51.01%4.13%14,9210.05%バンガード・米国中期債券ETF
BLV2.96%8.75%(※)26.29%9.02%5,2040.05%バンガード・米国長期債券ETF
米国以外BNDX3.24%5.19%(※)24.04%2.98%(※)32,3740.08%バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF<米ドルヘッジあり>
MBSMBB2.49%2.83%14.57%2.15%22,3800.06%iシェアーズ 米国 MBS ETF
社債
LQD3.03%4.91%36.47%5.72%55,2040.14%iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF
VCIT2.87%4.39%32.31%5.07%38,8560.05%バンガード・米国中期社債ETF
VCSH2.56%3.06%17.51%2.38%32,7640.05%バンガード・米国短期社債ETF
VCLT3.50%6.40%52.33%9.07%5,2250.05%バンガード・米国長期社債ETF
社債
(ジャンク)
HYG5.30%4.62%29.54%7.00%25,7100.49%iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF
JNK5.77%4.29%28.77%7.57%12,1330.40%SPDR バークレイズ・ハイ・イールド債券 ETF
新興国EMB4.49%4.38%30.14%8.37%16,0820.39%iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF
  • 純資産総額は百万USドル
  • 騰落率(5年)には分配金の再投資を含む
  • 期待リターン(10年)の算出方法=直近10年の平均年率利回り+分配金利回り
  • ※は5年の数値

 

高配当な米国債券ETFにもいろいろな種類がありますが、ザックリまとめると以下のような特徴があります。

  • 高い分配利回り(2.5%〜)
  • 標準偏差(10年)が低い
  • 期待リターンは低め(利息と同程度)

 

こうした特徴を一言でまとめると、

リスクが低く、利息が受け取れる(ただし為替リスクあり)

債券は値動きが小さく、安定した利息が受け取れるのでリタイアに向いているのではないでしょうか。

 

活用のヒント

外国債券を保有する主な動機には以下のようなものが考えられます。

  1. ポートフォリオのリスク分散
  2. 通貨の分散
  3. 収益狙い(インカム、キャピタル)

ポートフォリオのリスク分散

インデックス投資でポートフォリオを組む場合に資産クラスの分散目的で組み入れるケースが想定されます。

ただ最近は外債ファンドを積極的に組み入れない考え方をする人も多いかもしれません。

経済評論家の山崎元さんはインデックス投資での外債の組み入れを推奨しておらず、理由について以下のような説明をしています。

  • 外債は期待リターンが高いとは言えないのに、そこそこの大きさの為替リスクがある
  • 為替リスクの取り過ぎが心配なので、内外株式に加えて外国債券を持つのは過剰

なぜ個人のポートフォリオに外国債券が不要なのか? | 東証マネ部!

私も基本的に外債は買っておらず、これまで株式インデックスのみで運用する方針でやってきました。

【債券不要論】インデックス投資で株式のみのポートフォリオはアリ?
2020年現在、私はインデックス投資のポートフォリオに債券クラスは不要としており、株式ファンドのみで運用してきた個人的な例を紹介します。 インデックス投資で債券クラスは不要かも、と考...
個人のインデックス投資に『現代ポートフォリオ理論』は不要論【極論】
『現代ポートフォリオ理論』で説明するような異なる資産クラスの分散は、個人のインデックス投資にはあまり意味がないんじゃないの、という個人的な考えの紹介です。 資産クラスの分散って必要な...

とは言え株式市場の暴落はポートフォリオを直撃しますから、分散投資で備えるかどうかは好みの問題ですね。

 

通貨の分散

例えば株式には投資したくないけど通貨の分散はしておきたい場合などが考えられます。

株式はボラティリティが大きく、外国株式であれば値動き+為替リスクを負います。

価格変動リスクを抑えたインフレ(円安)対策で外貨建て資産ということであれば外債は選択肢に入るのではないでしょうか。

 

収益狙い(インカム、キャピタル)

債券にもいろいろな種類があるので、利息だけを見ていると価格変動リスクが大きくて実は大して儲からないものもあるので目的に応じて吟味が必要でしょう。

しかし為替リスクが許容できるならば、リタイアに向けて株式の比率を落として外債を組み入れるのはアリなんじゃないかと考えています。

ただし債券は低リスクと引き換えにインフレに弱い点には注意が必要ですね。

 

【参考】個人の感想

債券ETFの使いみち

今回調べてみて私個人は以下のような感想を持ちました。

  • ベーシックなドル建て債券投資 → AGG、BND
  • より多くの分散投資先 → BNDX、MBB
  • 株式から乗り換えてリターンも狙いたい → LQD、VICT

個人的には年齢が上がって株式の比率を落とすならLQD、VICTあたりがいいかな、と感じました。

ジャンク債については利息が5%超えと大きいものの、ボラティリティも7%超えとなっており、利息を取る目的には向かないと感じました。

なおHYG(ジャンク債)については私はオプション取引で積極的に使っています。

こうしたHYGの特性がオプション取引に適しているのか流動性もとても高く使いやすいです。

それから当たり前の注意点ですが、

債券が「FIRE・リタイアにおすすめ」なのは今からFIRE・リタイアを始める人であって、将来FIRE・リタイアしたい人ではない

若い世代で資産を築くフェーズの人の主要な投資先は株式がよいのではないでしょうか。

株式でもできるだけキャッシュフローが欲しいという人は以下の記事もどうぞ。

VIG、VYM、VDC、VHTでリタイアに備えるよ【米国ETF】
米国ETFのVIG、VYM、VDC、VHTを買い入れて、リタイアに備えたポートフォリオを準備するので紹介します。 ディフェンシブな米国ETFに関心がある人 FIRE・リタイアが...

 

為替リスクへの対応

外債の主なデメリットが為替リスクであると考えるならば、円高を待って仕込むのもひとつの手です。

以下は直近20年のUSDJPYチャートですが、2009〜2013年の戦後円史上最高値を更新した5年間以外の75%の期間は100円/ドルより円安の域で推移しています。

長期投資であれば10年単位くらいで構えて、青枠の90〜80円代の円高を狙う作戦も機能するのではないでしょうか。

ちなみに私は前回2011年の円高時に外国株式ファンドを仕込んでいます。

2011年円高で逆張りした外国株投信のその後【インデックス投資】
私はインデックス投資で逆張りを取り入れていて、2010〜2011年の1ドル=76円の円高時に逆張りした外国株投資信託のその後を紹介します。 インデックス投資の投資実績を知りたい人 ...

米国ETFを買うのであれば米ドルMMFへドル転だけしておいて、リタイアが近づいたら債券ETFを買い入れるといった作戦も機能しそうです。

 

FIRE・リタイアにおすすめの高配当な米国債券ETF

米国債

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)

AGGは日本のネット証券で取り扱いのある米国債券ETFでもっとも純資産総額が大きいです。

米国で公募発行される投資適格の米国国債、社債、モーゲージ・パス・スルー証券及び資産担保証券などです。

低リスク、安定したリターンが期待できそうです。

AGG ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
80,802[百万USドル]
設定日2003/09/22
インデックスBarclays Capital U.S. Aggregate Bond Index
取引所NYSE ARCA
経費率0.05%
分配年12回
分配利回り2.46%
騰落率(1年)7.09%
騰落率(年初来)6.73%
構成銘柄数8,076

 

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)

BNDは日本のネット証券で取り扱いのある米国債券ETFで2番目に純資産総額が大きいです。

米国の投資適格債券市場全体を投資対象とします。

信託報酬がAGG0.05%、BND0.04%でバンガードが勝っています。

BND ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
62,549[百万USドル]
設定日2007/04/03
インデックスブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックス
取引所NASDAQ
経費率0.04%
分配年12回
分配利回り2.38%
騰落率(1年)7.24%
騰落率(年初来)6.99%
構成銘柄数9,659

 

バンガード・米国中期債券ETF(BIV)

BIVは残存期間が5~10年の米国債、政府機関債、投資適格の社債などに投資します。

BIV ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
14,921[百万USドル]
設定日2007/04/03
インデックスバークレイズ米国政府/クレジット浮動調整(5-10年)インデックス
取引所NYSE ARCA
経費率0.05%
分配年12回
分配利回り2.40%
騰落率(1年)9.04%
騰落率(年初来)9.01%
構成銘柄数2,081

 

バンガード・米国長期債券ETF(BLV)

BLVは残存期間が10年超の米国債、政府機関債、社債などに投資します。

BLV ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
5,204[百万USドル]
設定日2007/04/03
インデックスバークレイズ米国政府/クレジット浮動調整(10年超)インデックス
取引所NYSE ARCA
経費率0.05%
分配年12回
分配利回り2.96%
騰落率(1年)14.52%
騰落率(年初来)14.47%
構成銘柄数2,539

 

米国以外

バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF<米ドルヘッジあり>(BNDX)

BNDXは米国以外の主要な債券市場全体へ投資します。

分散投資でポートフォリオのリスクを下げたい人に向いています。

米ドルヘッジが付いていますが、円に対しては為替リスクが変わらずあります。

BNDX ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
32,374[百万USドル]
設定日2013/05/31
インデックスバークレイズ・グローバル総合(米ドル除く)浮動調整RIC基準インデックス(米ドルヘッジベース)
取引所NASDAQ
経費率0.08%
分配年12回
分配利回り3.24%
騰落率(1年)3.70%
騰落率(年初来)4.16%
構成銘柄数6,263

 

MBS

iシェアーズ 米国 MBS ETF(MBB)

MBBはMBS(Mortgage Backed Securities)へ投資するETFです。

MBSとは住宅ローンのことで、銀行が住宅ローンを証券化して売り出したものです。

米国政府系金融機関(ジニーメイ、ファニーメイ、フレディマック)が支払いを保証している信用力の高い債券ETFです。

MBBは不動産セクターETFのカテゴリーにも含めて以前紹介しています。

米国不動産セクターETFで先進的インデックス投資【全6本】
主要ネット証券で買うことができる米国の不動産セクターETFとしてMBB、XLREなど6本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。 ...
MBB ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
22,380[百万USドル]
設定日2007/03/13
インデックスBarclays Capital U.S. MBS Index
取引所NASDAQ
経費率0.06%
分配年12回
分配利回り2.49%
騰落率(1年)4.37%
騰落率(年初来)3.74%
構成銘柄数8,981

 

社債

iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)

LQDは米ドル建ての投資適格社債に投資します。

純資産総額も大きく、日本のネット証券で取り扱いのある米国債券ETFで3番目の大きさです。

社債ということで格付けが下がる分、リターンが高くなっています。

LQD ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
55,204[百万USドル]
設定日2002/07/22
インデックスMarkit iBoxx USD Liquid Investment Grade Index
取引所NYSE ARCA
経費率0.14%
分配年12回
分配利回り3.03%
騰落率(1年)9.73%
騰落率(年初来)8.20%
構成銘柄数2,275

 

バンガード・米国中期社債ETF(VICT)

VICTは満期が5〜10年の米国の投資適格社債へ投資します。

日本のネット証券で取り扱いのある米国債券ETFでは4番目の純資産総額です。

信託報酬がLQD0.14%に対してVICTは0.05%と、バンガード社ETFの魅力が出ています。

VICT ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
38,856[百万USドル]
設定日2009/11/19
インデックスブルームバーグ・バークレイズ米国社債(5-10年)インデックス
取引所NASDAQ
経費率0.05%
分配年12回
分配利回り2.87%
騰落率(1年)8.62%
騰落率(年初来)7.59%
構成銘柄数1,988

 

バンガード・米国短期社債ETF(VCSH)

VCSHは満期が1〜5年の米国の投資適格社債へ投資します。

日本のネット証券で取り扱いのある米国債券ETFで5番目の純資産総額です。

VCSH ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
32,764[百万USドル]
設定日2009/11/19
インデックスブルームバーグ・バークレイズ米国社債(1-5年)インデックス
取引所NASDAQ
経費率0.05%
分配年12回
分配利回り2.56%
騰落率(1年)4.86%
騰落率(年初来)4.23%
構成銘柄数2,306

 

バンガード・米国長期社債ETF(VCLT)

VCSHは満期が10年超の米国の投資適格社債へ投資します。

VICT、VCSHにくらべあまり人気が出ていません。

VCLT ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
5,225[百万USドル]
設定日2009/11/19
インデックス
ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(10年超)インデックス
取引所NASDAQ
経費率0.05%
分配年12回
分配利回り3.50%
騰落率(1年)11.40%
騰落率(年初来)9.32%
構成銘柄数2,279

 

社債(ジャンク)

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF(HYG)

HYGは高利回り(ジャンク)な社債へ投資します。

日本のネット証券で取り扱いのある米国債券ETFで8番目の純資産総額で、かなり人気があります。

HYG ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
25,710[百万USドル]
設定日2007/04/04
インデックス
Markit iBoxx USD Liquid High Yield Index
取引所NYSE ARCA
経費率0.49%
分配年12回
分配利回り5.30%
騰落率(1年)2.36%
騰落率(年初来)0.02%
構成銘柄数1,150

 

SPDR バークレイズ・ハイ・イールド債券 ETF(JNK)

JNKは高利回り(ジャンク)な社債へ投資します。

純資産総額はHYGの半分程度です。

JNK ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
12,133[百万USドル]
設定日2007/11/28
インデックス
Barclays Capital High Yield Very Liquid Index(
取引所NYSE ARCA
経費率0.40%
分配年12回
分配利回り5.77%
騰落率(1年)2.63%
騰落率(年初来)0.20%
構成銘柄数1,130

 

新興国

iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(EMB)

EMBは新興国の債券へ投資します。

データ比較上はジャンク債と同じようなリスクとリターンです。

EMB ファンド情報
純資産総額(2020/09/30)
16,082[百万USドル]
設定日2007/12/17
インデックスJPモルガンEMBIグローバル・コア指数
取引所NASDAQ
経費率0.39%
分配年12回
分配利回り4.49%
騰落率(1年)3.17%
騰落率(年初来)1.27%
構成銘柄数521

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は主要ネット証券で買うことができる高配当な米国債券ETFを13本紹介しました。

米国債券ETFのポイントとしては、

リスクが低く、利息が受け取れる(ただし為替リスクあり)

外国債券の主な保有動機は、

  1. ポートフォリオのリスク分散
  2. 通貨の分散
  3. 収益狙い(インカム、キャピタル)

私のおすすめの使い方は、

  • ベーシックなドル建て債券投資 → AGG、BND
  • より多くの分散投資先 → BNDX、MBB
  • 株式から乗り換えてリターンも狙いたい → LQD、VICT

債券ETFの注意点は、

債券が「FIRE・リタイアにおすすめ」なのは今からFIRE・リタイアを始める人であって、将来FIRE・リタイアしたい人ではない

米国債券ETFは種類によって用途が変わるので目的を明確にして上手に使いたいですね。

セクターETFと高配当ETFもどうぞ。

米国セクターETFでインデックス投資の退屈凌ぎ【全73本11セクター】
インデックス投資の退屈凌ぎとしてネット証券で買える米国セクターETFについて調査しました。 純資産総額やETF本数を集計して人気セクターの順位付けをしました。 ...
FIRE・リタイアにおすすめの高配当・増配米国ETF【出口戦略】
主要ネット証券で買うことができる高配当・増配米国ETFとしてVIG、VYMなど6本を紹介します。 米国ETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。 ...
VIG、VYM、VDC、VHTでリタイアに備えるよ【米国ETF】
米国ETFのVIG、VYM、VDC、VHTを買い入れて、リタイアに備えたポートフォリオを準備するので紹介します。 ディフェンシブな米国ETFに関心がある人 FIRE・リタイアが...
\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
そーたろーの「王国DIYガイド」