マネックス証券のiDeCoでNASDAQ100ファンド取扱い開始

iDeCo・確定拠出年金(DC)
iDeCo・確定拠出年金(DC)

こんにちは、そーたろー(@sotarowassyoi)です。

 

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で、2020年11月16日(月)よりNASDAQ100 ファンドの取扱いが始まったので紹介します。

 

そーたろー
そーたろー

ここはどんなブログなの?

  • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

 

そーたろー

この記事を書いたそーたろーはこんな人です。

  • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
  • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

 

そーたろー

この記事は次のような人にオススメです

  • これからiDeCoを始める方
  • iDeCoで北米ハイテク株へ投資したい方

 

スポンサーリンク

この記事の目的

マネックス証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で「iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス」の取扱いが始まったので紹介します。

2020年11月時点で、iDeCoからNASDAQに絞って投資できるのは主要ネット証券ではマネックス証券だけです。

北米の新興市場(成長株)、特にハイテク株に投資したい方の選択肢が増えました。

 

iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスとは?

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス は大和アセットマネジメントが運用する投資信託です。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス | 大和アセットマネジメント

iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス 商品概要

ファンド情報

手数料
申込手数料率なし
解約手数料率なし
信託財産留保額なし
信託報酬率0.495%
実質コスト(2020年)0.579%
純資産総額(2020年11月17日)12,920[百万円]
設定日2018年08月31日
インデックス
NASDAQ100指数

構成銘柄情報

順位銘柄名比率(%)
1Apple Inc12.00%
2Amazon.com Inc9.80%
3Microsoft Corp9.40%
4INVESCO QQQ TRUST SERIES 18.10%
5Facebook Inc A4.10%
6Alphabet Inc A3.30%
7Alphabet Inc Class C3.20%
8NASDAQ 100 E-MINI 2020123.00%
9Tesla Inc3.00%
10NVIDIA Corp2.50%

セクター構成情報

順位業種名比率(%)
1情報技術42.60%
2コミュニケーション・サービス17.60%
3一般消費財・サービス17.20%
4ヘルスケア5.60%
5生活必需品4.40%
6資本財・サービス1.60%
7公益事業0.60%

 

NASDAQ100とは?

順番に説明します。

NASDAQとは?

NASDAQ(ナスダック、National Association of Securities Dealers Automated Quotations)とはアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場です。

ナスダック総合指数とは?

ナスダック総合指数とはNASDAQに上場している3,000以上の銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した指数です。

NASDAQ100とは?

NASDAQ100指数とはナスダックに上場する、金融銘柄を除く、時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数です。

つまりNASDAQ100には、NASDAQから時価総額が大きくなりやすい金融セクターを除外したハイテク銘柄の影響力が強い指数という特徴があります。

構成銘柄の上位はGAFAなどで占められていて、セクター構成をみても半分以上は情報・通信産業ですね。

 

活用のポイント

iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスには以下のような特徴があります。

  • 変動幅が大きい
  • 信託報酬は高め

変動幅が大きい

以下は主要な米国ETFの変動率の例です。

シン
ボル
標準偏差
(3年)
名称
VT17.35%
Vanguard Total World Stock Index Fund ETF Shares
VTI18.51%
Vanguard Total Stock Market Index Fund ETF Shares
VWO18.97%
Vanguard FTSE Emerging Markets Index Fund ETF Shares
QQQ19.96%
Invesco QQQ Trust
VGT21.11%
Vanguard Information Technology Index Fund ETF Shares
IWM23.03%
iShares Russell 2000 ETF

標準偏差とは上下の振れ幅、つまりリスクのことで、数字が大きいほど振れ幅も大きいです。

QQQがNASDAQ100指数ですので、iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスと同じベンチマークです。

構成銘柄情報にも出ていますが、iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスにはQQQ自体が含まれています。

QQQはテクノロジーセクターETFのVGTよりはマシですが、新興国株のVWOよりも振れ幅が大きいです。

ストレートな言い方をすればハイリスク・ハイリターンな商品だと言えます。

しかしそれが悪いということではなく、そういった商品性であることを理解して用いる道具だということですね。

事実、VGTやQQQといったETFはとても人気があります。

VGTについては以下も参考にしてください。

米国テクノロジーセクターETFで先進的インデックス投資【全9本】
主要ネット証券で買うことができる米国テクノロジーセクターETFとしてVGT、XLKなど9本を紹介します。 セクターETFはつみたてNISAやiDeCoだけでは実現できない先進的なインデックス投資を可能にします。...

 

信託報酬は高め

2020/10/22の運用報告書を見ると実質コストは0.579%で、0.495%よりも大きくなっています。

新興市場株なので0.495%という信託報酬が高すぎるとは感じませんが、その他コストを入れて0.5%を超えていますので気にはしておいた方がよいかもしれません。

実質コストはファンドの運用報告書で確認できます。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス | 大和アセットマネジメント

 

以上のような点を理解していれば、iDeCoで北米のハイテク株に投資したいという目的に適した商品です。

個人的な意見としては、こうした投資対象を絞った商品は分散投資の観点ではポートフォリオに部分的に用いるものだと考えています。

しかし集中投資で成功して大きく資産を増やすのもロマンがありますね。

iDeCoは公的な年金制度なので受け取り時に控除特典が使えることを考えると、大きなリターンが期待できるiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスのような商品を組み入れることは合理性があるでしょう。

ちなみにiDeCoではありませんが、私は特定口座で中国株ETFやインド株ETFを保有しています。

中国株ETF22本を比較して香港02801を買ってみた【逆張り】
日本で買える中国株ETF22本を比較し、香港市場に上場している02801を買ったので紹介します。 中国株ETFに関心がある人 この記事の目的 中国株へ投資できるE...

インデックス投資であっても、投資家の好みに応じて自在に投資対象をアレンジすることについて私は肯定的です。

そういった意味で今回のマネックス証券のリリースはiDeCoでNASDAQに投資したいというニーズに応えたよいサービスだと思います。

【iDeCo】NASDAQ100ファンドを取扱い開始! | マネックス証券

iFree(アイフリー)で米国つみたて投資 | マネックス証券

 

【参考】マネックス証券の特徴は?

主要ネット証券にはそれぞれカラーがありますが、品揃えやサービスで大きな優劣はないように思います。

マネックス証券には以下のような特徴があります。

  1. iDeCoの銘柄拡充に期待できる
  2. 米国、中国株の銘柄数No.1
  3. 仮想通貨事業に力を入れている
    • グループ会社Coincheck
    • 暗号資産CFDが利用できる

iDeCoの銘柄拡充に期待できる

主要ネット証券のなかでマネックス商品はiDeCoの取り扱い商品数がもっとも少ないです。

しかしこれは今回のNASDAQ100の取り扱い開始のように、今後も新しい商品の追加が期待できると考えることもできます。

今後、iDeCoの商品バリエーションの面ではマネックス証券がNo.1になる可能性もありますね。

米国、中国株の銘柄数No.1

マネックス証券は米国、中国の個別株の取扱銘柄数が主要ネット証券でもっとも充実しています。

ネット証券3社のインデックス投資・ETF比較【初心者向けのコツ】
国内主要ネット証券3社のインデックス投資への対応状況の比較です。投資信託やETFの取り扱い数などを初心者の方向けにまとめ、ネット証券選びのコツを紹介します。 これからネット証券でイン...

米国株投資は高い人気があり、今回のiDeCoファンド以外にもNASDAQ銘柄などを取引したい人にマネックス証券は最適でしょう。

他のネット証券と同様に手数料無料ETFもあります。

主要ネット証券で海外ETFの取引手数料無料化サービス開始【朗報】
SBI証券、楽天証券、マネックス証券の主要ネット証券でETFの取引手数料無料化サービスが始まりました。 バンガード社の低コスト海外ETFについては買付手数料無料と大変魅力的になりました。 ...

仮想通貨事業に力を入れている

Coincheckはマネックスグループの仮想通貨専業会社です。

マネックス証券で口座開設すれば暗号資産CFDも利用できます。

 

マネックス証券はどういう人におすすめ?

以下のような人に向いていると思います。

  • 外国株式を取引する人
  • 新しいことが好きな人

マネックス証券はチャレンジ好きな方におすすめです。

 

スポンサーリンク

【参考】個人型確定拠出年金(iDeCo)とは?

これからiDeCoを始める方はよろしければ以下も参考にしてください。

【3分講座】確定拠出年金の始め方【おすすめiDeCoファンド紹介】
インデックス投資の観点から確定拠出年金制度について解説します。 おすすめのiDeCoファンドを紹介します。 これから確定拠出年金(DC)への加入を考えている...
iDeCo年単位拠出で手数料を節約+毎月つみたてする方法【裏技】
iDeCoで年単位拠出にして国民年金基金連合会の年間手数料を105円にまで節約する方法を紹介します。 さらに年単位拠出しつつ毎月ファンドへのつみたてを行う裏ワザを紹介します。 ...
マネックス証券の売れ筋&おすすめiDeCoファンドを解説
マネックス証券が発表している2019年下期iDeCo売れ筋ランキングを元におすすめファンドを解説します。 この記事の目的 マネックス証券は半期ごとにiDeCo運用商品ランキングを発表しています。 【2019...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はマネックス証券のiDeCoで取り扱いが開始された「iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス」を紹介しました。

iFreeNEXT NASDAQ100 インデックスの特徴は、

  • 変動幅が大きい
  • 信託報酬は高め

iDeCoでiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスを使う点については、

iDeCoは公的な年金制度なので受け取り時に控除特典が使えることを考えると、大きなリターンが期待できるiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスのような商品を組み入れることは合理性があるでしょう。

マネックス証券の特徴は、

  1. iDeCoの銘柄拡充に期待できる
  2. 米国、中国株の銘柄数No.1
  3. 仮想通貨事業に力を入れている
    • グループ会社Coincheck
    • 暗号資産CFDが利用できる

iDeCoを使ってNASDAQへ投資したい人は検討してみてはいかがでしょうか。

ネット証券やiDeCoのような非課税口座は現代人にとって最強の資産運用ツールです。

もはやネット証券は老後資金の準備に不可欠で、資産運用は早く始めた人ほど圧倒的に有利ですね。

口座開設は無料!


公式 マネックス証券

\ この記事をシェアする /
\そーたろーをフォローする/
スポンサーリンク
そーたろーの「王国DIYガイド」